高齢者の貯筋運動トレーニングに関する国際フォーラム2012
The 2012 International Forum on Muscle Fitness Exercise as Chokin for Elderly People
プログラム


12月15日(土)
9:30 開会
挨拶:福永哲夫(鹿屋体育大学・学長)
10:00〜 基調講演
「日本における高齢者の身体活動の現状と今後の課題」

下光輝一(公益財団法人 健康・体力づくり事業財団・理事長)

10:30〜

セッションⅠ
「中高年者への運動プログラムとヘルスプロモーションに関する国際的研究動向」

マイケル・ロジャース(ウィチタ州立大学・教授:USA)
野坂和則(エディスコワン大学・教授:AUSTRALIA)
ウエブリン・ジジャスタ(ケルン体育大学・教授:GAERMANY)
オウアッポン・トゥングソングチャイ(カセサット大学・講師:TAILAND)
メアリー・サンダー(ネバダ大学・准教授:USA)
12:30〜 昼食
13:30〜 セッションⅡ
「鹿屋体育大学貯筋研究プログラムにおけるレジスタンストレーニング効果」

北村尚浩(鹿屋体育大学・准教授)
武岡佑磨(鹿屋体育大学・プロジェクト研究員)
高井洋平(鹿屋体育大学・助教)
中本浩揮(鹿屋体育大学・講師)
吉武康栄(鹿屋体育大学・准教授)

16:00〜

セッションⅢ
「鹿屋体育大学と健康・体力づくり事業財団との連携による日本における総合型地域スポーツクラブでの貯筋運動の推進計画」

沢井史穂(女子美術大学・教授)
柳川尚子(公益財団法人 健康・体力づくり事業財団・事業部調査役)
松本弘志(NPO法人 高津総合型地域スポーツクラブ SELF・理事)
堀之内貢子(垂水市保険福祉課・課長補佐)
19:00〜 懇親会

12月16日(日)
10:00〜 ワークショップ
「高齢者のウォーターエクササイズプログラムの実践」
(定員40名)
メアリー・サンダー(ネバダ大学・准教授:USA)
12:00 閉会

HOME